変動金利に借り換えについて (変動金利 → 変動金利)の場合

この借り換えについてのポイントは、まず金利差について考えることです。
住宅ローンを借り換える前と借り換えた後での金利体系(金利変動のルールなど)がと同じものであれば、おおざっぱに言えば、金利の差が借り換えのメリットと言えそうです。

一般の住宅ローンを扱っている金融機関であれば、全期間優遇の住宅ローンがあります。従来の一定期間のみ優遇(例えば、当初5年間優遇)の住宅ローンであれば、今回新たに全期間優遇の住宅ローンに借り換えることによって、金利差のメリットを受けることが出来るかもしれません。

注意すべき点は、借り換え時に手数料・保証料・登記費用等が必要になります。

金利差のメリットよりも、これらの費用でかえって高くなるようであれば、借り換えをする意味がありませんのでここら辺が注意するポイントです。

借り換えによるメリットについては、おおむね1%程度の金利差があるとより効果があるといわれています。

住宅ローン、借り換えるならプロに相談

 

変動金利に借り換えについて (固定金利 → 変動金利)の場合

住宅金融公庫などの金融機関で固定金利で組んでいた人が、変動金利選択型などのある一般の金融機関へ借り換える場合など・・・

 注意する点は、景気回復による、金利上昇です。
景気の回復傾向にあり、住宅ローン金利も上昇傾向にあるのが。

変動金利に借り換えることによって、一時的には、借り換えのメリットが出てくるばあいがありますが、将来の金利上昇のリスクを含んでいますので、将来、固定金利時の金利を上回れば、借り換えのメリットがなくなってしまうかもしれません。

景気の動向による将来の金利動向をどう考えるかで、住宅ローンの借り換えをするのかしないのか判断が分かれてきそうです。

借り換えに最適!約500種類から選べる住宅ローン なら自分に合った住宅ローンがきっと見つかります。
Yahoo知恵袋 | 教えて!Goo | Googleニュース